本文へスキップ

パン粉のメッシュ(目の粗さ)|パン粉製造・販売の酒井食品加工所

お問い合わせ・お見積り・サンプル請求はお問合せから
各ページはサイトマップをご確認ください

トップページ  > パン粉を選ぶ人のために > パン粉の目の粗さ(メッシュ)

パン粉とは?意外と知らないパン粉の話

4.目の粗さ(メッシュ)

「・・・メッシュ」。少し聞きなれない言葉かもしれませんが、簡単にご説明すると、パン粉の粗さ(細かさ)です。

パン粉は用途に応じて、粉砕したときのパン粉の大きさを変える必要があります。
そのため、「メッシュ」「目」という表現を使って、希望するパン粉の粗さ(細かさ)を指定される方も少なくはありません。


ちなみに、単位としては

 ・ 5mm、10mmと言った「mm(ミリ)」で表現する場合
 ・ 細目、中目、荒目と言った「目(め)」で表現する場合
 ・ 2.5メッシュ、3メッシュと言った「メッシュ」で表現する場合

があります。

■ mm(ミリ)

これはパン粉を粉砕するときに使用する網の目の大きさです。
パン粉は機械で粉砕し、網を通過したものを商品にしています。

そのため、設置する網の目の大きさにより粗いパン粉や細かいパン粉になります。

弊社で最も細かいものは1.5mmとなっており、1.5mmの網の目を通過するまで細かく粉砕します。
また、最も粗いものは15mmとなっております。


■ 目(め)

これはパン粉を見た時の細かさ(粗さ)です。
文字通り、細目は細かいパン粉になり、荒目は粗いパン粉になります。

■ メッシュ

これはmmと同じく網の目を表現する方法です。
少しわかりにくいのですが、1インチの幅にある網の目の数を表現しています。

例えば5メッシュであれば、1インチ内に網の目が5個あるということになります。

そのためメッシュは数字が大きいほど目の細かいパン粉になり、数字が小さいほど目の粗いパン粉になります。


実際、目の粗さの表現に関しては、各メーカーで異なりますので、目の粗さは商品を見るまではわかりません。

各表現に関しては、弊社では以下の様になっております。


mm(ミリ) 1.5mm 2mm 3mm 4.5mm 5mm 7mm 10mm 12mm 15mm
生パン粉 細目 - 小目 - 中目 大目 荒目 - -
乾燥パン粉 - - 細目 中目 荒目 - - - -
メッシュ 12メッシュ 8メッシュ 6メッシュ 4.5メッシュ 4.5メッシュ 3メッシュ 2.5メッシュ 2メッシュ 1.5メッシュ
※弊社ではミリと目を混在して使用しております。メッシュでの表現はしておりませんが、対応する数値を記載しております。

余談ではございますが、4.5mmと5mmはメッシュが同じになっていますが、ミリ数が異なります。
これはそれぞれ網の線の太さが違うということがあります。

4.5mmのほうが太い網をつかっているため、同じ4.5mmでも目の異なるパン粉になります。




弊社では1.5、2、3、4.5、5、7、10、12、15mmのサイズ幅があり、必要時応じて目の粗さを調整しております。

簡単な参考例ですが、、、

■ とんかつ
ボリューム・サクサク感が必要になるため、目の粗いもの(10〜15mm)が多いです。

■ コロッケ
中身が柔らかいため、パン粉が大きすぎない方がよい。3〜7mmが多いです。

■ 串揚げ
具材が小さく、また、食べやすさを重要視するため、1.5〜3mmが多いです。


また、焙焼式のパン粉では7mmのものが最も多くの食材に使用でき、電極式のパン粉では5mmのものが最も多くの食材に使用することができます。
焼成の違いによっても実際のパン粉の目は異なってきますので、一つ一つご確認いただければと思います。



もし、必要なパン粉の目の粗さがわからないときはお気軽にお問い合わせください。

次は5.焼成についてご説明します。



■ コンテンツメニュー

1.そもそもパン粉って何?
2.パン粉の役割
3.生パン粉と乾燥パン粉
4.目の粗さ ← 今はここです。
5.焼成
6.価格とコスト削減
7.原材料
8.パン粉で揚げ物をするときのポイント

パン粉を選ぶ

 目的から選ぶ お悩みから選ぶ 業種・業態から選ぶ

商品一覧

 商品一覧(パン粉)  商品一覧(きな粉)