本文へスキップ

とんかつにおすすめのパン粉|パン粉製造・販売の酒井食品加工所

お問い合わせ・お見積り・サンプル請求はお問合せから
各ページはサイトマップをご確認ください

トップページ  > 目的から選ぶ > とんかつ

とんかつパン粉一つで人気が変わる!

とんかつに使うパン粉の選び方

とんかつ

外はサクサク。食べた瞬間にとろける。。。そんなとんかつを作ってみませんか?

とんかつにかけるお店のこだわりはそれぞれ。「粗いパン粉がいい」「細かいパン粉がいい」「固めがいい」「軽い食感がいい」。。。
それは「誰に、どんな商品を食べてもらいたいか?」によって、みなさん工夫を凝らされているポイントだと思います。

ここでは、一般的に「よいと言われている」とんかつのパン粉についてご紹介します。


【とんかつに合うパン粉選びのポイント】

 ・ 中身が肉のため固いため、軽い食感のパン粉が最適。
 ・ ボリューム感を出すために目の粗いパン粉が最適。
 ・ 口当たりは食べた瞬間は「サクッ」その後はとろける。
 ・ 揚げた色はキツネ色が理想だが、少し濃い色でも食欲をそそる。
 ・ 油切れがよく、食べ終わったときにお皿に油が残らない。
 ・ 手付けの場合は、水分が少なめのパン粉のほうが、弾力があり目が立つ。

何より重要視されるのは、食べたときの食感です。
とんかつなど中身の固いものを食べたときは、パン粉の食感が大きく伝わります。せっかく中身のお肉にこだわりを持っているのに、パン粉が悪く、食べ心地が半減。。そんなことにならないよう、パン粉にもしっかりこだわりを持ってみてください。


【とんかつの油】

とんかつを揚げるときにラードで揚げる方法があります。ラードで揚げるととてもおいしくなりますが、精製度の高いサラダ油で揚げるとアッサリ仕上がるため、お店の好みによって油も変えたほうがよいです。

また、油は開封後2日程度で急速に酸化が進むため、油切れが悪くなります。酸化防止装置をつけたり、こまめに油を交換することで、油切れのよいとんかつを維持することができます。

その他、油に関して、、、

 ・ 油によって色つきが変わるので、自社の理想の油の見極めが必要。
 ・ 揚げ温度を下げると油切れが悪くなる。
 ・ 2度揚げで揚げると油切れがよくなる。




とんかつにおすすめの商品一覧

Mソフト

パンの焼き目をカットした贅沢なパン粉。とんかつ・フライにこだわりを持っている方向けの商品です。

RB1

特許取得のパン粉。とんかつなど中身が比較的固い揚げ物に最適。サクサクした食感と口どけを実現しました。

目的から選ぶ

とんかつ エビフライ コロッケ
とんかつ フライ・惣菜全般 コロッケ
串揚げ・串カツ ハンバーグ
串揚げ・串カツ ハンバーグ

パン粉を選ぶ

 お悩みから選ぶ  業種・業態から選ぶ

商品一覧

 商品一覧(パン粉)  商品一覧(きな粉)