本文へスキップ

パン粉が付かない|パン粉製造・販売の酒井食品加工所

お問い合わせ・お見積り・サンプル請求はお問合せから
各ページはサイトマップをご確認ください

トップページ  > お悩みから選ぶ > パン粉の付き

パン粉がつきにくい

パン粉の付きに影響があるもの

パン粉の付きに最も影響があるものは、パン粉の「水分」です。

一般にパン粉の水分は

 ・ 乾燥パン粉 14%以下
 ・ 生パン粉 35〜38%

です。

手で付ける場合は、水分量が多いものの方が付きが良いです。
つまり乾燥パン粉より生パン粉のほうがつけやすいです。


また、機械でつける場合は

 ・ 水分量が多すぎる
 ・ 水分量が少なすぎる

などの理由によりパン粉が付きにくくなることがあります。

特に手付けではなく機械付けの場合は、機械によって付き具合が全く変わってきますので、機械に合わせた水分量のパン粉にする必要があります。

現在は「セミドライパン粉」と言って、任意の水分量に調整したパン粉もあります。
これにより自社の機械に合わせたパン粉の水分量を実現することも可能です。

ですが、生パン粉や乾燥パン粉の中でも、やや水分量の違いが発生し、それによりパン粉の付き具合が変わってくることもありますので、複数パターンの水分量でテストしてみるのもよいかと思います。  




お悩みから選ぶ

色つきが悪い 揚げた時に色が濃くなる。揚げ色が付かないなどのお悩みはコチラ
食感が悪い 食べたときのサクサク感がない。もっと固めにしたいなどのお悩みはコチラ
パン粉の付きが悪い パン粉が食材に使いない場合のお悩みはコチラ
コストが高い 同じような品質で、もう少し安いものはないか?などのお悩みはコチラ
揚げた後の状態を維持したい スーパー・お弁当など揚げた後に時間が経過してからお客さんが食べる。時間が経ってもおいしいパン粉はコチラ

パン粉を選ぶ

 目的から選ぶ  業種・業態から選ぶ

商品一覧

 商品一覧(パン粉)  商品一覧(きな粉)