本文へスキップ

パン粉の製造工程 | 業務用パン粉製造・販売の酒井食品加工所

お問合せはこちら
トップページ  > パン粉ができるまで

パン粉ができるまで

弊社ではパンを焼くところから、パンを粉砕してパン粉にするところまで、一貫して自社で生産しております。製造工程は以下の通りとなっております。

1.ミキシング(中種)

大型のミキサーに原料の一部を投入し、中種生地を作ります。
中種を作ることでキメの細かいパンになり、食感が軽くなります。
また、パン粉にした時の安定感も高まります。

2.発酵

中種を発酵させます。
低温で長時間ゆっくりと発酵させることで、より中種の良さを引き出します。

3.ミキシング(本捏ね)

低温発酵させた中種と残りの原料を投入し、パン生地を作ります。
ミキシング時間や速度などを調整することで、最終的なパン生地のバランスを取ります。

4.分割・丸め

仕上がった生地を分割し、丸めます。
製品によって分割サイズを調整します。

5.ベンチタイム

丸めた生地を約15分間休ませます。
パン生地を一旦休ませることで、ふっくらとしたパンに仕上がります。

6.成型・型詰め

休ませたパン生地をケースに投入していきます。

7.発酵

湿度と温度の管理された専用の発酵室にて約1時間発酵させます。
しっかり発酵させることで、目立ちがよく、食感の軽いパン粉に仕上がります。

8.焼成

発酵したパン生地を焼きます。
焙焼式のパン粉はオーブンで約40分間、電極式のパン粉は専用の焼成機で約10分間焼きます。

9.冷却

焼き上げたばかりのパンはすぐに粉砕することはできません。
約20時間かけてゆっくりと冷却します。

10.粉砕

冷却したパンを粉砕していきます。粉砕機に使用する網の目や粉砕速度などによって、パン粉の目を調整します。

11-1.計量・包装(生パン粉)

粉砕した生パン粉を専用のポリ袋に計量し、包装します。
脱酸素剤の投入や金属探知機での検査も行います。

11-2乾燥(乾燥パン粉)

生パン粉を計量せずに乾燥機に投入します。
既定の水分量になるまで乾燥します。

12.計量・包装(乾燥パン粉)

粉砕した乾燥パン粉を計量・包装します。
金属探知機での検査も行います。

13.梱包・保管

製品を梱包し、保管します。



パン粉を選ぶ

 目的から選ぶ お悩みから選ぶ 業種・業態から選ぶ

商品一覧

 商品一覧(パン粉)  商品一覧(きな粉)