本文へスキップ

コストを抑えたい|パン粉製造・販売の酒井食品加工所

お問い合わせ・お見積り・サンプル請求はお問合せから
各ページはサイトマップをご確認ください

トップページ  > お悩みから選ぶ > コスト

コストを抑えたい

パン粉のコストを抑えるには

コストを抑える手段としては、

 ・ 原材料のコストを抑える
 ・ 作業工程を抑える
 ・ 大量ロットで作る

となりますが、、、

■ 原材料で抑える

原材料の中では小麦粉の割合が最も高く、小麦粉を変えることで、コストを抑えることができます。
特徴のある小麦粉などを使うと、もちろん割高になりますが、灰分の多い小麦粉などは比較的安く仕入れることができます。

パン粉は通常灰分のやや多い2等粉を使用します。普通の食パンなどは灰分の少ない1等粉を使用しています。
2等粉にすることで、価格を抑えることができます。
また、2等粉の場合は灰分があることで揚げ色が濃くなります。



■ 作業工程で抑える

作業工程としては、糖や食塩などの原材料の配合量を削減することでも可能ですが、あまり大きなコスト減にはなりません。

一般的には焼成を変更することでコストを抑えることができます。
焙焼式の場合は、パンを焼くときに電気とガスを使いますが、電極式は電気のみ使います
また、焼き上げ時間も電極式のほうが短いことが多く、電極式のほうがコスト安になる傾向があります。
※焙焼式でも電気のみで焼くことができますが、電極式より電気代がかかります。

ですが、その分、焙焼式よりは固めのパン粉に仕上がってしまいます。


■ 大量ロットで抑える

他の業界と同じくロット数が大きくなるとコストは安くなります。
ですが、反対に独自商品を小ロットでとなると、コストがグッと高くなることもあります。
まずは既製品の中からテスト的にサンプルをご利用いただき、理想のパン粉をご検討いただけると、低コストでもよい商品に仕上げることができます。

また、パン粉の特徴として

1.原材料からオーダーメイドだとロットごとの生産のため、コスト消費量が多くなる
2.メッシュ(目)のオーダーメイドだと比較的コストが安価で済む

ということもあります。既製品で取り扱いのないメッシュであれば、原材料からのオーダーメイドより、安価でのご提供は可能でございます。

また、弊社では生パン粉の仕上がり80kg程度から原材料のオーダーメイドを受けておりますので、原材料からでも是非ご相談ください。




お悩みから選ぶ

色つきが悪い 揚げた時に色が濃くなる。揚げ色が付かないなどのお悩みはコチラ
食感が悪い 食べたときのサクサク感がない。もっと固めにしたいなどのお悩みはコチラ
パン粉の付きが悪い パン粉が食材に使いない場合のお悩みはコチラ
コストが高い 同じような品質で、もう少し安いものはないか?などのお悩みはコチラ
揚げた後の状態を維持したい スーパー・お弁当など揚げた後に時間が経過してからお客さんが食べる。時間が経ってもおいしいパン粉はコチラ

パン粉を選ぶ

 目的から選ぶ  業種・業態から選ぶ

商品一覧

 商品一覧(パン粉)  商品一覧(きな粉)