食品加工・セントラルキッチンにおすすめのパン粉

食品加工業で使うパン粉の選び方

工場で大量にパン粉製品を作っている食品加工業様もパン粉には重点を置かれている場合があります。
多くの場合は、機械を使って大量に生産し、商品を揚げる直前の状態または揚げた状態にして各お取引先に出荷されます。

食品加工向けのパン粉に求められる条件としては、以下のようなものがあります。

 ・ 揚げた後も長時間、状態を維持できる。
 ・ 揚げる前の状態で冷蔵・冷凍保存しても品質が維持できる。
 ・ 一つのパン粉で幅広い用途に使える。
 ・ 価格はできる限り安い方がいい。
 ・ 機械付けに対応できるものが必須。

食品加工・セントラルキッチンにおすすめのパン粉

焙焼式低吸油パン粉
焙焼式のため、比較的やわらかいパン粉ですが、骨格が強いパン粉です。
そのため、揚げた後も長時間状態を維持できます。
また、キシロース配合により揚げたときの色付きが良いです。
こちらの7mmの生パン粉などであれば、幅広い用途に対応しています。

国産小麦粉使用無添加パン粉
電極式のため、骨格が強いパン粉です。
こちらの商品もとても軽い食感となっています。
上白糖をバランスよく使用しているため、目立ちもよく、揚げ色がしっかりとつく商品となっております。


機械付けへの対応はパン粉の水分量を調整することで対応しております。
現在も、各加工業様向けに水分量を調整しておりますので、お気軽にご相談ください。

業種業態から選ぶ

商社・問屋お客様のご希望に応じた商品をご提案します。
スーパー経時変化に強い商品がおすすめです。
お弁当・給食など経時変化に強く、特徴のある商品がおすすめです。
食品加工・セントラルキッチン機械付けに向いている商品がおすすめです。
飲食店用途別おすすめパン粉をご覧ください。

用途別から選ぶ

お悩みから選ぶ

色付きを変えたい配合する糖分の量や種類によって、揚げ色を調整できます。 詳しく見る
食感を改善したい使用する原材料やパンの焼き方によって、食感を変えることができます。 詳しく見る
パン粉のつきの良さパンの水分量によって、つき具合を変えることができます。 詳しく見る
パン粉のコストを抑えたい使用する原材料によってコストを抑えることができます。 詳しく見る
揚げた後の状態を維持したいパン粉によって、経時変化への対応力が異なります。 詳しく見る

商品一覧から選ぶ